家庭教師のポイント

「ゆとり教育」と言われた時代が終わり、最近の教育については「脱ゆとり」と呼ばれるようになってきました。
ゆとり教育時代に問題となっていた学力の低下を取り戻すために学校での教育に力が入れられるようになり、今まで以上に学校において勉強が占める割合というのが大きくなってきています。
そういった中で今では当たり前のように利用されるようになっているのが「塾」や「予備校」「家庭教師」というような準教育機関です。
これらは純粋に学力の向上を図ることが目的となっている点で学校とは違っています。

その中でも特に個人の習熟度に合わせて勉強をすることが出来るのが家庭教師です。
ただ、初めて家庭教師を利用するという人にとっては、どこでどのように良い家庭教師を探せば良いのか、ということが難しいでしょう。
そこでここでは、家庭教師の選び方と題していくつかの方向性から「良い家庭教師」がどんなものなのかを紹介します。

まず始めに見ていくのは「学歴で選ぶ」ということです。
学歴というはその人の学力を測る最も簡単なバロメーターですが、これをベースにして選んでも良いのでしょうか?次に見ていくのは「料金で選ぶ」ということです。
家庭教師はもちろん依頼先にもよりますがそこそこ高額なお金がかかるものであるため、金額についても検討が必要です。
最後には「プロと学生どちらが良いか、異性と同性どちらがよいか」ということについて紹介します。
それぞれを総合的にみて判断しましょう。